家出掲示板の豊胸希望のお姉

仕事の転勤で家族と離れて埼玉県での生活が始まって1カ月、ようやく環境にも慣れて休日は暇を持て余すばかり。
街中をぶらぶらしているときにふと見かけた出会い系サイトの広告トラックに目を惹かれ、もう自分は30代後半だしおすすめ家出掲示板に登録したって相手にされるわけないよな…と思いながら暇つぶしにちょうどいいやと登録をした。
昔、家出掲示板のハシリみたいなものに登録したことはあったけれど久しぶりの家出掲示板は様々なジャンルのカテゴリー分けに、家出SNSがあったり、本当に登録しているのかわからないけれど女の子の人数、新着更新が随時行われていて驚いた。
若い女の子と出会って遊んだりエッチなことがしたいという気持ちはもちろんあったが、それ以上に本当に出会えるのか?危険はないのか?サクラじゃないのか?と疑い、取りあえず探って楽しもうという軽いノリだったので深く考えず、今すぐ会える・友達募集・彼氏彼女募集それぞれの掲示板で自分の好みに合いそうな女の子をピックアップしてメッセージを送った。
10人に送って返事が来たのは3人だ。1人は今すぐ会える掲示板の子で援助希望、慣れ過ぎてる感が逆に笑えて却下、もう一人も同じ掲示板だが数回やり取りをしているうちに返事が来なくなり、最後は友達募集の20歳の女の子。
友達募集の女の子と数日間やり取りをしてわかったことは今色々と悩みがあるようで年上の人と話をしたかったということだった。
「会ってご飯でも食べながら話さない?」とダメ元でメッセージを送ると「おねがいします」と返事が来た。
彼女とは都内の某駅で待ち合わせをした。ドタキャンされるのも覚悟しつつ、なんとかエッチにもっていけないものかと考えていた。
まさかなこんな子が家出掲示板を利用するのか?…と思ったが、清楚な雰囲気で可愛らしい女の子で気持ちが高ぶってしまった。駅から少し歩いた場所にあるイタリアンレストランで軽くお酒を飲みながら彼女の話を聞いた。 すると彼女は「実は今家出をしている…」と言われた。そしてなんと今日家出をしてきたそうだ。彼女は自分で生活ができるようにこれから頑張りたいと話す真面目な子だった。
「今日は泊まるところとかあるの?」と聞くと「決まっていないからカラオケとか、ネットカフェかもしれない…」と彼女が話した。
ここでホテルに泊まる?と話を出そうかと思ったが今じゃないと我慢をし、でも彼女を見ているとどこかに泊まれたらいいなぁ…という雰囲気が見え隠れしていたのを確認していた。
ほろ酔いで店を出ると、行きに通った道とは違うラブホテルが点在する道を近道だと言って誘導した。
「どうする?ここに今日泊まる?」と聞くと声にならないけれど彼女はうなづいてくれた。
ラブホに入ると今まで我慢していた欲望が抑えきれなくなって彼女を抱きしめた。あくまでも声は優しく「エッチしよう」というと彼女もすんなり了承。
ちょっとキスをして胸をもんだだけで声が出てしまうほどの感度の良さでそそられてたまらない。すごく良いエッチだった。
その後彼女は友人の家に泊まったりしながら時々自分の家にも泊りに来た。もちろんエッチ付き。これはビギナーズラックと言うものかもしれないな。家出掲示板

家出中のお姉の私は、豊胸と老化防止にバストアップサプリとノコギリヤシのサプリを飲んでます。
自分が老化を感じる瞬間
自分で「年を取ったんだな」と感じた事は何度もあります。
どれもそれなりにショックでした。
やはり、若い頃には想像もしなかった事ばかりで、実際に体験すると結構辛いものがあります。

男ですが、小さすぎる胸がコンプレックスです
男の私のコンプレックスは胸が小さすぎることです。
Aの65のブラジャーを着用しても、カップの部分に隙間があいてしまい、その隙間から胸が丸見えになってしまいます。
胸の小さい女性は結構おられると思いますが、私ほど小さい女性は今まで見たことありません。
こんなに小さい胸ならブラジャーなんて必要ないのではないかと思うのですが、外出する際は一応ブラジャーをつけるようにしています。
胸のふくらみはほとんどありません。
男性だって、ぽっちゃりしている方などですと、少し胸の膨らみがあるのに、私にはほとんど胸のふくらみがないのです。
どちらかと言えばあばら骨のほうが目立ってしまい、胸が4つある、もしくは、かなり下の方に胸があるような感じに見られてしまいます。
あばらがかなり目立つので、痩せすぎではないかと思われることもありますが、なぜか胸とあばらの辺りだけに肉がつかないのです。
腕や、太もも、ふくらはぎなんかは、人並みかそれ以上に太いのです。
お腹も、しっかりお肉がついていて、なぜそこだけお肉がつかないのか不思議な位です。
冬場はなんとか服で胸が小さいことを隠すことができます。
ですが、夏場は、このぺちゃぱいを隠すことがとても難しいです。
  夏だし、少し露出したような服も着たいなと思うこともあります。
しかし、胸がないので、胸辺りの洋服の生地が余ってしまい、上手く着こなせず下着丸見え状態になってしまいます。
おしゃれしたいのに、おしゃれなデザインの服を着ようとするといつもこうです。
なので、結局普通の丸首Tシャツになってしまいます。
丸首Tシャツが嫌という訳ではありません。
しかし、たまには女性らしいラインを強調したおしゃれを楽しみたいなと思うことがあります。
水着なんかも、好きなデザインの水着なんて着れません。
だって、胸が小さすぎて、カップに隙間ができてしまうので、胸元を隠すような、Tシャツ系の水着しか着ることができません。
好きな異性に揉まれると大きくなるという噂を聞いたことがあります。
ですが、なにしろ私の胸は小さすぎるので、揉むほどのお肉がありません。
そういう状況になったとしても、今までの男性は胸を素通りして、行為に及んだ方々がほとんどです。
男性もこの小さすぎる胸をどう扱っていいのか分からないのかもしれません。
しかし、自分から胸を揉んでよとも言えるわけもなく、揉まれずじまいで終わってしまいます。
  贅沢は言わないので、せめてAカップのブラジャーの隙間があかないくらいの大きさの胸がほしいです。じゃないと家出掲示板で相手にされません・・・。
以下、思い出しながら書いてみましょう。
(若い方は、30代、40代となった自分の身に発生するところを想像してみてください)
1.白髪の増加

若い頃でもそれなりに白髪はあるものです。
女性ホルモンを注射しても効果はありません。 子供が見つける度に、ふざけ半分に「じゃあ抜いて」と言ってきたのですが、ある日、「えっ? これ、全部?」と聞き返された時は、本当にショックでした。 さらに、鼻毛や胸毛、それからえーと・・・とにかく、全身の毛に白いものが目立つ様になるワケです。
こちらは、頭髪の様に抜く気にもなりません。
そのせいか、どんどん白い部分が増える気がします。
なんだか、「老化のバロメーター」を見ている様で、かなり「来る」ものがありますね。
白髪、ならまだいいですが、抜け毛はさらにショックですね。だからノコギリヤシの育毛効果に期待しています。
しかし・・・白髪が格好悪いと思っているワケではありません。
坂本龍一などを見ると、「これはこれで格好いいな」などと思いますので、いっそ中途半端なのが悪いのかも知れません。
2.腹回りの脂肪が落ちない

若い頃は、ちょっと運動すると贅肉は落ちたものですが、これが落ちなくなります。
年齢が上がると病気の可能性も高くなりますから、そういった非常事態に備えて、体がエネルギーを備蓄する様になるそうです。
つまり「貯めこむばかりで、使おうとしない」体質に変わるワケですね。
ある意味、必要な事なのだとは思いますが・・・。
買ったズボンが、次々に穿けなくなるのは、やっぱり嫌なものです。
3.若者の言動に腹が立つ

これは精神の老化ですよね。
若い頃は、自分だって馬鹿で生意気だったのですが・・・。(自覚は十分にあります)
それでも、若者の言動が許せなくなって来ます。
お年寄りが「今どきの若い者は!?」と怒っているのを生暖かい目で見ていた自分が、同じ様に怒る事になるとは・・・。
とは言え、無理して若者に仲間入りしようとするのも、それはそれで格好悪い気もしますが。
この他、「歯の隙間に食べ物が挟まる様になる」「運動すると体を壊す」「世間の話題について行けない」等・・・。
毎日の様に、年齢を感じさせられます。
最初は「いやいや。そんな事は無い!」と虚勢を張っていても、次第に「これは仕方がない事なんだ」と諦める様になります。
何よりも、この「諦めの境地」こそが、年をとった証拠なのでしょうけどね・・・。

ノコギリヤシは育毛効果もあるらしいですね。

そして、これが老化か!と思った瞬間があります。
私が男性の老化を感じた瞬間は『親父ギャグを連発し始めた時』でした。
普通、老化というと白髪や体臭といった外見の老化や痴呆が始まったなどがあげられると思いますが、普段何気なく会話をしていた父や友人が、いきなり親父ギャグを連発し始めた時、絶句しました。
もしかして歳をとるって、男性の老化ってこういうことなのか!?と思いました。
少しなら言ってもいいかもしれません。失礼かもしれませんが「かわいいものだ」と目をつぶれます。
ですが『連発』しかも『親父ギャグ』を『いきなり』です。
本当に失礼ですが、サムいです。対応に困ります。そしてみていられません。
「どうして親父ギャグを連発するの?」と聞いたことがあります。
すると「話題がなくて」と返ってきました。場つなぎにおやじギャグを連発しないで!!もっと会話がなくなる!!!と思いました。
会話を模索するのも脳みそを使ういい運動なんだから!とも思いました。
人間、脳みそを使わず、ラクなほうへ行こうとすると結果、親父ギャグを言ったりするのかなぁ…と眉をしかめました。
前述しましたが、老化というと、顕著な例として白髪や体臭、痴呆などが浮かびますが、それよりももっと前の段階だと、親父ギャグの連発や、服をジャージやフリースだけのラクなものにしようとする。
などがあげられるかと思いました。いつまでもかっこいい男性でいられるためにも、
人に老化を感じさせないためにも会話の模索や、ファッションセンスを磨くなどの努力は必要かもしれないと思いました。

そして、40代に突入した際には、体力の衰えを実感した。特に、前の日に飲み過ぎたり、あるいは睡眠不足になった場合には体力的に翌日がきつくなることが多かった。頻尿や尿漏れも時々あります。
そしていま50代に突入したが、更なる体力の衰えがきている。また、無理をすれば数日後遺症が残るから情けない。人間ともかく、いい歳を重ねていきたいものだ。
年齢を感じるのは、とにかく、人の名前がなかなか出てこないのも最近の傾向だ。やはり誰しもそうなのかもしれないが、自然と物忘れが多くなってきたように感じている。
毎日の通勤でも、歩く速度も心なしか遅くなっているし、若い時のように軽快に小走りに走ったりすることは少なくなった。逆に冷静になった時に、自分が確実に歳を重ねていることを実感してしまう。
また、全ての動作も徐々に衰退してきている。50代でこんな状態でどうするのか。自問自答しても誰も解決はしてくれない。少し急いで行動する場合にも、必要以上に急ごうとしないのも、自然な老いなのか。
この年齢になれば、過去の経験の年数が長いため、未来より過去の昔良き時代を回顧することも多い。
ノコギリヤシのサプリを飲んでいるので、できれば、気持ちだけは青年の心をいつまでも持ち続けたいと切に思う。がこのようなことを考えていること自体が老化現象なのかもしれない。 ノコギリヤシの効果・効能はこちらです。

ついつい飲んでしまうサプリメントノコギリヤシ 健康を維持するには、バランスよく栄養を摂りたいと考えてしまいます。そこで手軽に不足している栄養を補うためにサプリメントを購入してしまうのですが、サプリメントを飲用していた時、その効果について考えたことは殆どありません。
なぜかというと、すべて自己判断で飲用してしまうからです。「多分、この栄養が足りないだろう」とか「これを飲んでおけば、健康維持できるだろう」と勝手に自分で判断してサプリメントを選びます。
そして、そのサプリメントを飲んでいるという行為だけで、なぜか納得してしまうのです。
よく考えてみれば、サプリメントを飲用する以前の健康状態と飲用を続けた後の健康状態を比べてみるのが当然なのですが、実際、何か数値を測っているわけでもない場合、「まあ効いているのだろう」と思うくらいで済ませてしまうのです。体に良いものと思い込んでしまっているサプリメントは、心理的に、必ず効果があるものと思い込みやすいものなのかもしれません。
しかし、病院で薬を処方してもらっている人などは、必ず医師や専門家に相談しなくてはなりません。数多くの種類のサプリメントを販売しているメーカーの多くは、サプリメントの飲み合わせについてなどの相談窓口が用意されています。本当ならサプリメントを購入する前に、そういった窓口で相談するのがベストなのでしょう。
数千円以上する高価なサプリメントなら、購入前に自分に合ったサプリメントかどうか確認して購入する人が多いのかもしれません。最近ではテレビなどでも、摂りすぎると体に悪影響を及ぼす栄養素の話題を取り上げられることもあり、以前よりはサプリメントの効果や危険性について知る機会も多くなりました。
例えば、女性ホルモンに近い働きをすることで知られている「イソフラボン」も摂りすぎると良くない場合があります。
その情報を聞くまではイソフラボンはたくさん摂れば体に良いと思い込んでいたので、私も一時期イソフラボンのサプリメントを飲んでいたことがありました。しばらく飲み続けていましたが、そのとき体にどんな効果があったのかは全く分かりませんでした。ただ体に良いのだろうと勝手に思って飲んでいました。 なぜ、そんな軽い気分で飲んでいたかというと、サプリメントを100円ショップで購入したからです。安価に気軽に購入できると、なんとなく飲んでみようという気持ちで飲み始めてしまいます。
サプリメントを飲用した後、本当に効果があったのか、または悪影響はなかったのかということを考えずに飲用してしまうのは、どこでも気軽に買える手軽さからくるのかもしれません。
とはいえ、サプリメントは摂りすぎてはいけない栄養素が含まれているものも販売されているので、これからはサプリメントを選ぶ前には、ある程度の知識を身に付けておいたほうがいいのかもしれません。


手足が氷のようになる
体質の問題だから治らない。と、病院で見放された冷え性。
一年を通して真夏でも手足が氷のように冷たくなります。冬場はかじかんで歩くのも辛く、靴用のカイロを入れても改善されず、手や足だけではなく、体全体が冷たいのです。
平熱も34.3℃。低体温症です。色々な改善策を試しても効果はなく、病院へ行き、血液検査やエコー検査まで受けたけれど、医師からの言葉は私の体よりも冷たい一言。
「体質だから治らないよ。温かい物を飲んで皮下脂肪つけてね」でした。 普段からウォーキングや軽い運動、ストレッチを欠かさず行っているため、40代半ばにしてみれば中年太りしているわけでもなく、どちらかというとやせ型。
皮下脂肪を付けるなんて・・・温かいものは夏でも飲むようにしているし。何よりも「体質」って何?と、疑問だらけです。 昨年、仲間と一緒にマラソン大会に出場したのですが、寒い時期の上にみぞれ混じりの雨が降り、走る目的なので軽装だったために、体が温まるより先につま先がかじかんで動かなくなってしまいました。
アイススケートに行ってもつま先がかじかんで転倒。
靴の中に保温性のあるインソールを敷いても効果はなく、ただただ我慢。寝る前に足浴をしても布団に入って5分もしないうちに冷えてしまう。
湯たんぽを入れても足は冷たいままで眠れなかったので、100円ショップの小さい湯たんぽを2つ買い、両足のつま先部分に当て、大きい湯たんぽは太ももで挟むようにしたらやっと眠れるようになりました。
もちろん、モコモコのゆるい靴下(膝の長さまであるもの)を履いて寝ています。 冷えが酷いと肩こりも酷くなるので、二の腕の血流が悪くなり、両腕が冷え切ってしまいます。使い捨てカイロを背中とお腹に貼ってインナーも2枚重ね。
厚手のタイツに裏起毛の靴下、気温が10度以下の日には毛糸のパンツに腹巻。 出先で事故に遭って病院に運ばれるようなことにでもなったら、そうとう恥ずかしい格好です。「オシャレは我慢」なんて言葉をよく聞きますが、冷え性の私には到底無理。
マフラーのカッコイイ巻き方もできません。
長めのマフラーをぐるぐるに巻き、コートの中に入れないと外にいられないです。手袋in手袋inカイロです。
冬場は自分が厚着をすれば済む話ですが、夏場が困ります。
扇風機やクーラーがどこにいてもかかっていて、薄手の上着を持ち歩いても寒い。家の中も寝室のクーラーを付けられてしまうので夏でも毛布を掛ける始末。
デパートなんて行けません。体が冷たすぎてプールに入るのも苦手。サウナの水風呂も入れない。体質だから治らないと言われた冷え性と一生付き合うのは試練です。
http://www.bs-wakayama.jpn.org/kounou.html